前へ
次へ

美術品としての絵画の売買について基本的な事

美術品は昔からその価値やデザインなどが注目され、鑑定や買取りなど世界中で盛んに行われてきました。
近年になってもその流れは続き、骨董品としてや歴史的価値が認められる場合は、非常に高額となる場合もあります。
中でも「絵画」の取り引きは身近な存在感や用途の多様性の部分もあり、買取りが多数されています。
製作した画家の人気や、そのジャンルによって査定額は多様に変化してきます。
絵画の種類として主な物は「日本画」「洋画」「版画」などに分けられます。
日本画は平安仏画や室町の水墨画、浮世絵などに代表され、近代の日本画家もジャンルに含まれます。
洋画は明治時代以降からの流通が高まっていた分野で、版画は創作性の高い物も多く幅広い作品が確認されています。
絵画はその専門性や、鑑定の難しさが多くあるので、売却する際は絵画を専門的に取り扱っている業者を選びます。
業者が査定する際のポイントとしては、製作した画家、その絵画の種類や図柄、絵や額のサイズが重視される部分です。
その絵画の本来の価値を確実に鑑定できる相手に依頼する事が大事になります。

Page Top